夜中お肌がかゆくてついついかいてしまう。良い対処方法はない?

敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方はしばしば肌にかゆみを伴うため、炎症している部分を寝ている間にかきむしってしまうことも少なくありません。

日中はかゆみに耐えられても、寝ている間は意識がないためついついかきむしってしまうものです。しかし、肌をかいてしまうと、せっかく治りかけていた炎症が再発したり、新たな炎症を引き起こしてしまうことにもなりかねません。

そこでこちらでは、寝ているに肌をかかないための対処法をいくつかご紹介していきたいと思います。ご自分のライフスタイルと照らし合わせ、ぜひ取り入れやすいものから試してみて下さい。

良質な睡眠を目指す

最も根本的な改善方法としては、寝ている間にかゆみが気にならないくらいぐっすりと眠ってしまうのが1番です。

睡眠の質は日中の活動や、就寝前の過ごし方によって容易に変動してしまいます。より深く眠るためには、日中は活動的に過ごし心地よい疲労感を得た後、就寝前はリラックスして体を休める準備を整えることが大切です。その際、寝る前1時間は部屋を暗くし、できるだけテレビやスマートフォンに目が触れないようにしておくのもおすすめです。

また、枕や寝具を変えることで睡眠の質がアップする場合もありますので、この機会に肌に優しく、寝心地も良いものをこだわって選んでみるのも良いでしょう。

手袋をして眠る

手袋をして眠れば、寝ている間無意識に患部をかいてしまうリスクをぐっと減らすことができます。実際にアトピー患者の方も医師からこうした指導を受けることが多いのですが、たまに寝ている間に外れてしまうのが難点です。

そこで、できるだけ手にぴったりとフィットするものや、自分の手にジャストサイズのものを選ぶのがおすすめです。どうしても外れてしまうという場合は、手首部分をゴムのようなものできつくない程度に縛るのも良いでしょう。

爪を短く切りそろえる

爪を短くしておけば、肌をかいてしまった際のダメージを極限まで抑えることができます。

深爪気味であればほとんどかきむしらずに済むこともありますが、女性は審美的な観点から深爪を嫌がる方も多いと思います。その場合はできるだけ短く切りそろえることと、爪先をやすりで整えるなどして対処しましょう。

寝ている間に肌をかきむしってしまうのは無意識でやっていることなので、なかなか改善が難しいものです。そこで、より根本的にかゆみや炎症と向き合うための、おすすめのサプリメントをご紹介したいと思います。下記のページでは実際に購入して敏感肌が改善した方の体験談が掲載されていますので、ぜひ一度覗いてみて下さい。