肌荒れにはどんな食べものがよく効くの?

肌荒れになってしまう大きな原因は外部からの刺激やストレスによるものが多いといわれています。
そのためまずはそういった要因を排除することが肌荒れを治すのに大切です。
さらに、食生活を見直すことで肌荒れの治癒効果をサポートすることができるのも事実。
ここではお肌にいいと言われている食べ物とお肌に悪いといわれている食べ物をピックアップしました。

肌荒れにいい食べ物

タンパク質を含む食べ物

肌荒れによく効く食べ物はいろいろありますが、ぜひとりたいのが良質のタンパク質です。肉、魚、卵、乳製品、大豆製品に含まれています。

タンパク質は皮膚を再生させ、体を作っていくだけでなく、肌にとってなにより大切なコラーゲンの元にもなっているのです。大切な栄養素ですから、毎日、欠かさずとるようにしましょう。

βカロテンを含む食べ物

βカロテンは、体内でビタミンAとなって働きます。肌荒れを予防してくれるだけでなく、老化を防ぐ効果もあります。

ニンジン、ホウレンソウ、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。油で調理すると、より吸収率があがるので、ホウレンソウのバターソテーなどはおすすめです。

ビタミンCを含む食べ物

抗酸化作用があるので、肌を整えます。またコラーゲンが作られるのを、助ける作用があります。美白のためには、欠かせない成分です。

果物に多いイメージがありますが、茹でて食べるブロッコリーやジャガイモ、赤や黄色のパプリカ、ピーマンなどにも多く含まれています。

ビタミンB2を含む食べ物

肌の代謝を助け、健康な肌作りに役立ちます。タンパク質、糖類、脂質の代謝も助けるので、健康に過ごすには必要なビタミンです。

レバー類、ウナギ、卵、納豆などに多く含まれています。

ビタミンB6を含む食べ物

肌の潤いを保つのに、必要なビタミンです。

カツオ、サンマ、マグロなどの魚と、バナナやサツマイモにも多く含まれています。

肌荒れによくない食べ物

炭水化物・糖類・脂質を過剰摂取する

脂質の多い食べ物や、甘い物、炭水化物の大量摂取は肌荒れの元です。
腹八分目を意識し、過剰な摂取を控えましょう。

冷たい食べ物や飲み物
生野菜やフルーツは肌にいいイメージがありますが、冷たい状態で食べ続けると内臓が冷えて肌の代謝を妨げることになります。
野菜はなるべく温野菜にして食べることをおすすめします。フルーツ冷蔵庫から出してすぐ食べるのではなく、常温になってから食べるといいでしょう。
冷たいジュースやかき氷は、肌が荒れているときにはやめておいたほうがいいようです。

食事でとりきれないとき

仕事が忙しい時はあれこれ献立を考えるのは億劫になることもありますよね。
食事が偏りがちだな、必要な栄養素がとれているかな?と心配になったときはサプリメントに頼りましょう!
アレルナイトプラスには、ビタミンB2・B6だけでなく、皮膚を守る効果のあるピオチンも含まれています。
サプリメントは薬ではありませんから、食事からとった栄養素を、破壊してしまうような作用はありません。安心して飲むことができます。
私は社会人になってから肌荒れが激しくなり、アレルナイトプラスを飲むようになりました。ぜひその時の体験談を読んでいってくださいね。