敏感肌になってしまう仕組みは?

外部からの刺激で、ほてり、かゆみ、かぶれなどが起こりやすい肌を、「敏感肌」といいます。以前は「敏感肌」という言葉はあまり使われていませんでした。肌荒れという言葉が一般的で、「敏感肌」という分け方はされていなかったのです。

近頃ではよく「敏感肌」という言葉が使われるようになりましたが、それだけ同じような症状で悩む人が増えてきたのでしょう。

それまで健康な肌だった人も、ちょっとしたきっかけで「敏感肌」になってしまうことがあります。原因はなんなのでしょうか。

アトピー性皮膚炎の再発

幼少期にアトピー性皮膚炎で悩んでいても、大人になっていくにつれて治っていきます。
もう大丈夫と思っていたら、20代になってから再発することがあるのです。

きっかけは就職などによる新たなストレスや、実家を離れて一人暮らしとなり、食生活が乱れたことなどが考えられます。

アトピー性皮膚炎特有の痒みが再発すると、夜に熟睡することができず、ますますストレスがたまっていきます。疲労感も抜けなくなって、眠る時間が苦痛になってしまうでしょう。

アレルギー体質が原因ですから、すぐに治すということは難しいです。毎日よい睡眠を確保し、野菜中心の食事に食生活を改善していくと、症状はじょじょに治まっていきます。

ホルモンバランスが崩れると肌にも影響が

食生活の乱れや連日のストレスで、ホルモンのバランスはくずれてしまいます。そうなると体は、さまざまな不調をうったえるようになるのです。

皮膚の表面には、天然のバリア機能があります。紫外線や乾燥、強風の刺激などから守り、保湿状態を保つのです。

ところがこの機能が、ホルモンバランスの乱れや、ビタミン不足になると作用しなくなります。皮膚の抵抗力は弱まり、表面に細菌が増殖するようになって、乾燥したボロボロの皮膚になってしまうのです。

肌はターンオーバーといって、約30日で再生しますが、ビタミン不足だとその再生がうまくいきません。いつまでたっても、肌の色がくすんだ状態になってしまいます。

食事の見直し

忙しいからといって、インスタント食品ばかりになっていませんか?ストレス解消に、甘いものを食べていないでしょうか。

こういった食事が、「敏感肌」をますますひどくさせています。加工食品や脂質の多いもの、糖分の多いものは、「敏感肌」になっているときは、できるだけ食べないようにしましょう。

アレルナイトプラスは、乳酸菌やビタミンが含まれていますから、毎日飲むことで肌の「きれい」を手助けしてくれます。食べたもの、飲んだものが、新しいきれいな肌を作っていくのだということを、忘れないでください。