アレルナイトプラスに含まれる成分が知りたい

きれいを目指したい敏感肌の人のために、アレルナイトプラスは3つの役割を果たします。
「敏感肌」「深い眠り」「きれいをめざす」、この3つです。

どのような成分が、3つの役割のために使われているのでしょうか。

乳酸菌「ラクトバチルス乳酸菌」

乳酸菌がアトピー性皮膚炎の改善に役立つとはよく言われていますが、乳酸菌にもいろいろな種類があります。一般的に知られているのは、ヨーグルトなどの乳製品から作られる乳酸菌でしょう。

牛乳という動物性タンパク質を元とする乳酸菌と違い、日本で古来からある「酒粕」を元にして作られたのが、アレルナイトプラスに含まれている、ラクトバチルス乳酸菌です。

「酒粕」は、お米が原料の日本酒を造るときにできるもので、粕汁などの料理に使ったり、砂糖を入れて煮込み甘酒のようにして飲んだりします。日本人にとっては、なじみ深い食材です。

逆に牛乳というのは、日本人にとって、まだあまりなじみのない食品です。明治になって、体格向上のために牛乳や肉食がすすめられましたが、それまで千年以上もの間日本人は、牛乳など飲まない生活をしてきたのです。

日本人の体質によく合う乳酸菌、ラクトバチルス乳酸菌が1本に100mg入っていますが、その中ある乳酸菌の数は1000億個にもなります。これは食べ物だけでとることはできない量です。

天然由来のハーブ

「敏感肌」でなにより困るのは、睡眠中に起こる痒みです。眠りに入ろうとするうとうとしかけた頃に始まることが多く、寝付きが悪いだけでなく熟睡も妨げられます。

よい睡眠が得られないと、疲労はどんどんたまっていくでしょう。するとますます肌荒れはひどくなり、イライラしてストレスもたまります。

アレルナイトプラスでは、「深い眠り」を助ける成分として、化学薬品ではなく天然由来のハーブを使用しています。

ギャバ100mg、グリシン1000mg、クワンソウ、バレリアン、アメリカジンセンなどのリラックス成分だけでなく、特許をとったラフマ葉抽出物50mgが、良質な眠りをえる手助けをしてくれます。

食事だけではとれないビタミン類

7種類のビタミンとビオチンが、「きれいをめざす」手助けをしてくれます。

肌荒れがひどくなってくると、化粧品で改善しようと思って、いろいろな製品を試すと思います。皮膚から与えるだけでなく、体調を整えることが肌には大切です。

そのために食事だけではとれないビタミン類は、アレルナイトプラスに頼りましょう。内側から「きれいをめざす」のです。

アレルナイトプラスの安心へのこだわり

誰もが飲めるように、27品目のアレルギー特定原材料は使用していません。「敏感肌」の人には、この配慮はとても嬉しいです。

またステロイド剤や着色料、防腐剤なども使用していません。

夜、寝る前に飲むのがおすすめです。