肌荒れにはどんな成分が有効なの?

肌を荒れさせないためには、健康であることが一番です。健康で体内が活性化していれば、血液はさらさらと流れ、代謝率はアップし皮膚の再生も順調に進みます。

そのために必要なのが、各種のビタミンですが、どのビタミンがどんな働きをするかあまり詳しくは知られていないようです。

タンパク質、緑黄色野菜、発酵食品など、毎食バランス良くとれていればビタミンが不足がちになることはあまりないのですが、忙しい日常では食事が偏ってしまうこともあるでしょう。そうなると必要なビタミンが不足してしまいますね。

アレルナイトプラスには以下のような特に肌に大切な成分がギュッと含まれています。それぞれの成分がどんな働きをしているのか、調べてみました!

ビオチン

アトピー性皮膚炎の原因となるのがヒスタミンです。このヒスタミンを作り出す、ヒスチジンという成分を、尿中へ排泄するよううながすのがピオチンです。

それ以外でも、糖、アミノ酸、脂肪酸の代謝にも関わっています。ピオチンがあると、代謝が活性化して、皮膚もいきいきしてきます。

ビタミンB1

不足すると、脚気になることで知られているビタミンです。

エネルギーを作り出す手助けをします。エネルギー不足では、新しい健康な皮膚も作り出せません。

ビタミンB2

体の中や皮膚の粘膜を、正常に保っているのがビタミンB2です。不足するとニキビなどができやすくなります。

ビタミンB6

タンパク質の代謝に、重要な役割を持っているビタミンです。

血液中にある酸素を運ぶヘモグロビン、病原菌と闘う役目の抗体、神経伝達物質などもタンパク質によって作られます。これらが正常に働かないと体調を崩し、結果肌荒れにつながるのです。

女性は生理前になると、ビタミンB6が不足がちになって、月経困難症になったりします。

ビタミンB12

不足すると悪性の貧血になります。貧血になると、全身に酸素や栄養素が十分に運ばれないことになってしまいます。そうなると肌荒れも加速します。

クエン酸

果物の柑橘類などに、多く含まれている成分です。クエン酸をとることで、血液がサラサラになります。すると血液の流れがよくなり、さらにミネラルの吸収率も促進され、美肌作りに役立ちます。

葉酸

赤血球を作り、細胞の再生をうながします。細胞が再生されないと、荒れた肌をきれいにすることはできません。

必要なビタミンの一種ですが、食品だけでは十分にとりきることが難しいのです。

ナイアシン

皮膚や粘膜の再生に役立つビタミンです。不足すると疲れやすくなります。

パントテン酸

多くの食べ物に含まれているビタミンです。皮膚や粘膜を、正常に保つ働きがあります。

日常生活で上記のビタミンを取ることは本当に難しいと思います。特に私は社会人になってから生活が不規則になり、コンビニの食事で済ませるようになってから敏感肌になってしまいました。。。
でもアレルナイトプラスを飲んだら、つらかった敏感イライラ性を脱出できました!
その時の体験談はこちら